いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

昨日税務署から連絡がありました

内容は昨年の台風で被災した物件の不動産取得税の減免額が決定したとの事

 

物件が台風などで自然災害で被災した場合には

このような税金の減免や優遇金利での融資、補助金などが活用出来ます

 

例えば

日本政策金融公庫では被災された場合

被災物件の修繕費などに対して融資が出ます

災害復旧貸し付け

その場合は優遇金利が適応され3年間は通常金利の-0.9%で融資をして頂けます

 

元々の公庫の貸出金利は1%代程度ですので

最初の3年間だけですが

かなり低い金利で貸してもらえるんですね

 

なので被災し修繕費がかかった場合は活用した方が良いと思います

 

実は保証協会でも同じような融資制度があって

そちらでも被災物件の修繕費などで融資を受けることが出来ます

災害関係保証

 

こちらも通常よりも低い保証料で貸してもらえるので

被災物件で融資を受ける場合に利用できますね

 

また保証協会の100%保証なので

貸出金融機関はの融資はかなり通りやすいと思います

新規の金融機関開拓にも使えるかもしれませんね

 

また補助金に関してですが

補助金に関してはこんなものがあります

小規模事業者持続化補助金台風19号型

 

ただこの補助金の活用をする場合は単純に被害を受けた部分の改修工事だけでは

補助金を受けるのは難しそうです

どういった事業であれば適応になるのか商工会に確認が必要ですね

 

このような形で自然災害で被災した場合は

税金の減免や優遇金利での融資、補助金などがあります

 

これも知らなければ使わずに終わってしまうものなので

被災した場合にはどのような補助金や融資制度などあるか確認した方が良さそうですね

 

因みに私が今回不動産取得税の減免額は

たったの4000円でした(^^;

 

正直罹災証明書を取得しにいく手間を考えたら

あまり割に合うものではなかったですが

ロットの大きい物件だったら金額は大きくなると思います

(私の場合は不動産取得税自体の金額が低かったので)

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング